Pocket

当サイトに訪れてくださった方は、なるべく薬に頼らずに穏やかな睡眠を手に入れたいと思っているのではないでしょうか。

当サイトの管理人である私もその1人です。

私はかつて不眠症に数年間悩まされ、心身ともに悲鳴を上げている状態が続いていました。

ですが、周囲の人にはその辛さを理解してもらえずに、二重に苦しむこともありました。

そんな時、病院で薬を処方してもらい、対処した経験があります。

ですが、薬には副作用もあるので心配になりますね。

こちらの記事では、睡眠導入剤または抗不安薬(精神安定剤)について、管理人自身の体験談を中心にご紹介したいと思います。



睡眠導入剤/精神安定剤の効果について

私の場合は、マイスリーという睡眠導入剤をお医者さんに処方してもらい、時々服用していました。

マイスリーはベンゾジアゼピン系に分類される薬で、比較的安全性が高いとされています。

持続時間が超短時間型なので、寝つきが良くない時や、一時的な不眠に処方される薬として知られています。

また同時に、ワイパックスというこちらもベンゾジアゼピン系の抗不安薬(精神安定剤)も処方してもらい、一緒に服用していました。

ワイパックスは不安症やうつ気分、自律神経失調症などに作用し、心を穏やかにする薬として知られています。

普段はこれらの薬を服まないのですが、旅行や大事な発表の前日など、特に睡眠をとることが必要な時に限り使用するようにしていました。

初めてこれらの薬を服用したのは旅先だったのですが、その夜はぐっすりと眠れて目覚めも良く、翌日は存分に楽しむことができました。

この経験で、睡眠導入剤と精神安定剤の効果について実感することができました。

睡眠導入剤/精神安定剤を続けて服用した効果と副作用について

その後も時々これらの薬を服んでいましたが、初回ほどの効き目は感じられなくなっていったように思います。

初回は、旅先での疲れや興奮などの影響もあったため、効果を実感しやすかったのかもしれません。

睡眠導入剤と精神安定剤を服んだ翌日は、どこか不自然な眠りに就いたという感覚が残り、目覚めてからもぼーっとする感じがありました。

外を歩いていると足元がフワフワする感じになり、これが薬の副作用なのかな、と思いました。

このような状態で過ごしていると、思考がはっきりとせずに朦朧としてしまい、反応の鈍さや注意力、集中力の低下、物忘れなどもあったように思います。

また一度、大きなストレスに見舞われ、1週間ほど睡眠導入剤と精神安定剤を続けて服むということもありました。

その時は、常にフラフラとしたふらつきやめまいが起こっている感じで、疲労感が抜けないなどの影響も出始めていました。

自分で自分の体をコントロールできないという感覚です。

私の場合は薬の連続使用が1週間程度で済んだため、副作用らしき状態を経験したものの、その後は薬に頼ることもなく回復することができました。

それでも、薬に依存することの怖さを実感するには十分だったといえるでしょう。

その頃は、心に作用するサプリメントなども発売されていない頃でした。

今は良いサプリメントに出会えたおかげで、薬に頼ることなくリラックスできるため、大きな安心感があります。






友人が精神安定剤の重篤な副作用に

もう1つの例になりますが、私の友人で向精神薬の重い副作用に苦しんでいるケースがあります。

友人(Aさんとします)は、ある時から心の不調を感じ、病院で薬を処方してもらうようになったそうです。

西洋医学に対する傾倒もあり、「お医者さんの言う通り薬を服んでいれば治る」と思っていたようです。

Aさんに処方されていたのは、メイラックスソラナックスというベンゾジアゼピン系の薬で、私が服んでいたワイパックスよりも作用は軽めとされている抗不安剤のようです。

しかし、Aさんの場合はこれらの薬を3年間、毎日服み続けていたようです。

その離脱症状のために一度は危険な状態に陥り、「死にかけた」という表現を使っていました。

その副作用は、不安、パニック、引きこもり(家から外に出られない)といった重い精神症状に加え、体の震えや痙攣、手足の硬直などの身体症状が起こり、動けなくなることもあるとのことです。

調べてみると、向精神薬の中でもベンゾジアゼピン系の薬には、長期間の服用で重篤な副作用が引き起こされるとありました。

また、長期に多めの量を飲み続けることで癖になり、体が薬に馴れてしまう(耐性)、やめにくくなるなどの依存性があるのも特徴だそうです。

私やAさんは、ベンゾジアゼピン系の薬を処方されましたが、他にも非ベンゾジアゼピン系の薬(ハルシオン、レンドルミン、ロヒプノール、ベンザリンなど)やメラトニン受容体作動薬ロゼレム)、オレキシン受容体拮抗薬ベルソムラ)なども一般に知られています。

ただ、向精神薬自体がそれほど歴史が長くなく、臨床例が多い薬ではないため、危険性もあることを知っておく必要があるでしょう。

向精神薬は脳に作用する薬であり、一時的に用いる程度なら十分に効果を発揮してくれることでしょうが、長期の服用には細心の注意を払う必要があります。

また、人によって症状や体質に個人差があるように、効果や副作用の表れ方もまちまちのようです。

Aさんのような例もあることをふまえ、睡眠導入剤や精神安定剤、抗うつ剤などの向精神薬を処方されている方、また服用を検討している方は、上記のような体験談も参考にしていただけると幸いです。

ちなみにAさんの場合は薬を止めてから1年ほどが経ちましたが、未だに重い症状に苦しみ、通常の社会生活とは程遠い状態にいます。

これからどれ位の期間をかけ、どのように回復していけばよいかは、薬を処方した医者に頼ることもできない手探り状態だそうです。

なんとも理不尽な話ですが、世の中には同じように向精神薬の副作用に苦しんでいる方々が多く存在しているようです。

こちらのようなサポートグループもあるようですので、自分や大切な人の身を守るために、まずは多くの知識・情報を頭に入れておくことが大切です。

■ 抗不安薬や睡眠薬を飲んでいる皆さんへ ベンゾジアゼピン離脱症候群を知ってください。Benzodiazepine withdrawal.



安心安全な心のサプリメントは?

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤や精神安定剤の副作用や危険性についてご紹介してきましたが、私のように短期間、また不定期に用いるなど、場合によっては薬が大きな手助けになることもあります。

向精神薬を用いる場合は、信頼できるお医者さんを選んでよく話し合い、用法用量を守りながら上手に付き合っていくことが大切です。

そのためには薬の効果を妄信せず、また副作用の有無などについても変化を見逃さずに、慎重に用いるようにしましょう。

また、なるべく向精神薬に頼らずに安心安全なサプリメントで心を穏やかにしたいという方は、当サイトでご紹介しているセロトニンサプリメントもひとつの参考になるのではないでしょうか。

1つは、インターネットの口コミでも大変評判の高いマインドガードDXです。

こちらは良質の天然成分のみを配合したドリンクタイプのサプリメントで、管理人も実力No.1のセロトニンサプリと感じています。

副作用の心配もなく、子どもから高齢者まで安心して飲むことができます。

管理人が実際に試した口コミレビューもご紹介しています。

→ セロトニンサプリ・マインドガードを実際に試してみました

マインドガード


こちらのマインドガードは粒タイプもあり、ドリンクタイプが苦手な方や外出先で服みたいという方には重宝されています。

→ セロトニンサプリ・マインドガードに粒タイプが新登場

マインドガードDX粒タイプ

もう1つは、Suyattoハーブの休息というサプリメントです。

こちらもドリンクタイプですが、味がフルーティで飲みやすく、身体に良いハーブや生薬が凝縮されているので、リラックスはもちろん美容と健康を意識する女性に支持されています。

管理人が実際に試した口コミレビューはこちらです。

→ Suyattoハーブの休息を実際に飲んでみました/管理人の口コミ





これらのサプリメントは、薬に頼りたくない方はもちろん、これまで薬を服んできた方、減薬を考えている方にとっても、ひとつの心強いサポートになるのではないでしょうか。