Pocket

セロトニンを増やすには、食事の内容はもちろんですが、食事の方法にも心がけたいことがあります。

セロトニンは、食べ物に含まれるトリプトファンというアミノ酸から、腸で作られて脳へ送られます。

食事の時は、このはたらきがスムーズに行われることが大切なのです。

忙しい合間にかき込むように早食いをしたり、食事の時間が不規則だったり、ストレスを溜め込みながら味気ない食事をしていたりすると、セロトニンを作る腸のはたらきが低下してしまいます。

それより、ゆっくりと時間をかけて食事をとったり、栄養価の高い食事を規則正しくとること、そしてリラックスした雰囲気で食事を楽しむことが、セロトニンの生成にも影響してきます。

また、親しい人たちと食卓を囲んで和やかな雰囲気で食事をすることは、オキシトシンを分泌させてセロトニンを活性化します。

不眠やうつなどの症状を抱えている場合は、信頼できる親しい人とこうした食事時間をとることが、特に大切といえます。

また、一人で食事をする場合には、リラックスしておいしく食事ができるよう、何か演出をしてみることも効果的ですね。

例えば、体にいい食材を選んで手作りをしたり、食卓にランチョンマットを敷いてみたり、好きな食器を選んだり、照明を落としてゆったりとした音楽を流したり・・・。

このように演出をしてみることで、食事をひと口ひと口を大切に味わい、セロトニンを活性化することにつながることでしょう。

セロトニンを増やすためには、食事の内容だけでなく、食べる時の雰囲気についても見直してみるとより効果的といえますね。

→ 管理人が愛飲するセロトニンサプリメントはこちら