Pocket



2000年のノーベル医学生理学賞は、ドーパミンの研究をしたアービド・カールソン博士に授与されました。

ドーパミンは人間の性欲、感覚、興奮を伝える神経伝達物質です。

人を愛するのも、薬物やアルコール、煙草などがやめられなくなるのも、このドーパミンが関わっています。

ドーパミンとは、好きでやめられないものを記憶する物質なのです。

これは、男女間の深い愛情関係にも関わっています。

ドーパミンが十分にあれば、一人の異性に対して愛情を持ち続けることができますが、これが足りないと、簡単に浮気をするようになってしまいます。

ドーパミンはこのように、「幸せを記憶する物質」であることが実験からも確認されています。

幸せとは、心地よい記憶の持続と言い換えることもできます。

そのため、ドーパミンは他人の良い所を覚えている物質ともいえますし、逆にドーパミンが足りないと、悪い所ばかりを思い出すようになってしまいます。

また、幸福感を作り出すもう1つの物質が、セロトニンです。

セロトニンが足りないと、疲れやすくなり、集中力が持続できなくなります。

セロトニンとドーパミンを脳内に増やすには、たんぱく質腸内細菌が必要です。

詳しくは、こちらをご参考になさってください。

→ セロトニンと腸の健康

また、精神的なストレスも、セロトニンやドーパミンを一挙に少なくしてしまう要因となります。

私たちの行動を決めたり、幸福感を覚えるのは、脳によるものというより、腸内細菌が作り出すセロトニンやドーパミンのはたらきと言い換えることができるでしょう。

このはたらきを有効に活用したサプリメントが、当サイトでご紹介しているマインドガードです。

ストレスが多いと感じる方、幸福感が足りないと思う方には、脳内物質のバランスを助けるサポートとして、大変人気が高まっています。

→ こころのサプリマインドガード

マインドガード


こちらに、管理人自身が実際に試した口コミ感想をご紹介していますので、よかったらひとつのご参考になさってください。

→ セロトニンサプリ・マインドガードを実際に試した効果と口コミ体験はこちら