Pocket

近年、キレやすい人が増えているといわれます。

キレやすいとは、衝動性が高く、我慢が苦手なため、過剰に暴力的になったり、反抗的になるなど、切り替えができにくい傾向をいいます。

また、大人だけではなく、子どものキレやすさも問題化しています。

このキレやすい原因にも脳のはたらき、いわゆるセロトニン不足が関係しているといわれているのです。

普段、人が我慢をする時には、脳内物質の1つであるGABA(ギャバ)が分泌され、考えや行動を抑制していますが、キレやすい人は、このGABA(ギャバ)のはたらきが不足しているとされています。

また、セロトニン不足もキレやすい原因として挙げられます。

セロトニンは幸福ホルモンといわれるように、精神に安定感や満足感をもたらす作用があります。

このセロトニンが不足すると、ノルアドレナリンドーパミンといった脳内神経伝達物質の調節ができなくなり、過剰に不安や恐怖を感じ、怒りを抑えられないなどの状態になってしまうのです。

現代の子どものキレやすさの原因に、ゲームなどの遊びにも原因があるといわれています。

セロトニンは太陽を浴びることで増える性質がありますので、子どもの頃からよく屋外で遊ぶことは、脳の健康な発達のためにも必要です。

しかし、現代はゲームなどの電子機器が発達し、また都市化や紫外線による環境の変化などもあり、屋内で遊ぶ子どもが増加しています。

他の子どもとのコミュニケーションも少なくなり、メールやSNSなど電子ツールでのやりとりが増えると、ストレスも溜まりやすくなります。

このように、キレやすい衝動的な傾向を改善するためには、ゲームやパソコンから離れて活動する時間を持つことが大切です。

また、セロトニンを増やすための生活習慣を積極的に取り入れたり、食べ物に気を遣うなどの対策も必要です。

場合によっては、専門家に相談することも必要でしょう。

さらに、セロトニンやGABA(ギャバ)のはたらきを高めるためのサプリメントを摂ることも、ひとつのサポートとなります。

こちらでご紹介しているマインドガードは、セロトニンやGABA(ギャバ)に加え、ビタミンやミネラルなどもバランスよく配合されていますので、成分が有効にはたらき、穏やかに作用してくれます。

管理人も愛飲しているので、よかったらご参考になさってください。

より詳しい内容については、こちらからご覧いただけます。

→ 管理人がセロトニン・サプリメント/マインドガードを実際に飲んだ口コミ感想はこちら