Pocket

面接や試験、発表やプレゼンテーションなど、人前で緊張を強いられる場面で、あがり症が原因で良さを発揮しきれなかった・・・、という経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。

そんな時、緊張をうまく集中力に変えることができれば、能力を十分に発揮できることでしょう。

そのような時にはセロトニンの力を借りると、大いに緊張を緩和する助けになります。

あがり症とは?その意味と原因について

あがり症とは、文字通り「上がる」状態になりやすい症状のことです。

最近は「気分が上がる」「気分が下がる」などという言い方をよく耳にしますが、「気分が上がる」時には脳が程よい緊張や興奮を感じている状態と言い換えることができるでしょう。

「気分が上がる」のは良いですが、「上がり過ぎる」と緊張や興奮で顔が赤くなる、手足や声が震える、汗が出る、口が渇く、食欲が低下する、どもる、心臓がドキドキする、脈拍が速くなるなどの身体的な変化が起こるようになります。

また、極度の緊張から体がこわばる、吐き気がする、不安や恐怖を感じる、頭が真っ白になる、めまいや立ちくらみがするなどの自己コントロールが利かない状態になり、過呼吸やパニックを起こしてしまうこともあります。

これでは、どんなに準備をしても本番で思ったようなパフォーマンスができなくなるのは当然ですね。



この過度の緊張やあがり症が起こるのは、ノルアドレナリンという脳内物質が増えることが原因です。

ノルアドレナリンは不安や恐れなどのストレスを感じた時に分泌されるホルモンで、これ自体は脳の原始的な反応であり、自然なことといえます。

ただ、大事な面接や発表など人前に出る時にこのような反応が起こるのは、できれば避けたいもの。

では、どうすればよいのでしょうか?




緊張やあがり症の克服法とは?

自分が緊張しやすい性格、あがり症だという自覚があるなら、事前に対策を立てることが大切です。

緊張を緩和するためには、こちらが有効な方法です。

□ 深呼吸をする
□ ストレッチをする
□ ウォーキングなど軽い有酸素運動をする
□ 笑う(お笑いを見る・仲間と談笑するなど)
□ 泣く(感動的なストーリーに感情移入するなど)
□ リズム運動をする(ガムを噛むなど)


これらは自律神経のうちでも緊張や興奮に関わる交感神経をオフにし、代わりにリラックスに関わる副交感神経をオンにしてくれます。

この緊張とリラックスのバランスが取れている時、私たちは最も高いレベルのパフォーマンスができるといわれています。

また、面接やプレゼンテーションなどの場面では、どうしても相手に好印象を与えたい、合格したい、などという思いから、過剰にプレッシャーを感じてしまいがちに。

この場合は、気持ちをおおらかに持つ、開き直る、という心がけも大切といえるでしょう。

しかし、緊張しやすいあがり症の方は、もともと周囲の評価を気にしやすかったり、完璧主義的に自分を追い込みやすかったりと、神経質な性格傾向にある場合も多いでしょう。

その場合は、リラックス法を試すと今度は「リラックスしなければ」という思いに囚われ、かえって緊張を強めてしまう場合もあります。

こんな時には、いったいどうすればよいのでしょうか?

緊張やあがり症を緩和するセロトニン サプリメント

ノルアドレナリンの過剰分泌を抑え、交感神経と副交感神経のバランスを取り戻すためには、脳内にセロトニンという物質を増やすことが何より大切です。

セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれ、心身のリラックスに関わる重要な物質です。

緊張やあがり症を自分ではなかなか簡単にコントロールができないという場合は、セロトニン サプリを摂ることもひとつの手助けになるでしょう。

上質の天然素材を使用した安心安全のサプリメントなら、身体に負担を与えることなく、緊張感からくるさまざまな症状にはたらきかけてくれます。



当サイトでは、マインドガードというセロトニンサプリをご紹介しています。

じつは、当サイトの管理人である私も、緊張やあがり症の対策としてこちらを試してみました。

次にその体験談をご紹介してみましょう。

セロトニンサプリ・マインドガードを摂って面談を受けた体験談

当サイトの管理人である私も以前、緊張する電話面談を経験しました。

「緊張しないように、リラックスしよう」と考えると、余計に緊張感が増してしまいます。

また以前にも、同じようにリラックスを意識しすぎて、大事な発表で思うように力を出せないこともありました。

そこで、今回は面談の30分位前に、セロトニンサプリメントのマインドガードを少量飲むことにしました。

マインドガードを飲むと、いつも通りすぐに心地よいリラックス感が訪れました。

緊張がピークに達するという時に少量飲めば、眠くなるということもありません。

すると、いつの間にか緊張を忘れてしまう、といった自然な感覚になりました。

おかげで、面談はかなり落ち着いて受けられ、結果も喜ばしいものとなりました。

大事な場面の時にかぎって緊張やプレッシャーに襲われるという方、あがり症でお腹が痛くなったり、手が震えたり、などという症状にお困りの方は、一度セロトニンサプリメントを試してみると、スムーズに乗り越える手助けになるかもしれませんね。

セロトニンサプリメントの使用例として、よかったらひとつのご参考になさってください。

もっと詳しい体験談については、こちらでご紹介しています。

→ セロトニンサプリの口コミ ~マインドガードを実際に試してみました

マインドガード