Pocket

質の良い睡眠を得るためには、何時に寝るかも大事なポイントになります。

夜10時までに寝るのが理想的ですが、私たち現代人の生活サイクルではなかなか難しい面があります。

せめて、午前0時までには寝床に入るのがいいでしょう。

夜10時までに寝るのが良いとされる理由は、入眠後約2時間後に、細胞の修復や疲労回復に役立つ成長ホルモンが分泌されるためです。

また、明け方になると、体内に蓄えられた脂肪をエネルギーにかえるコルチゾールというホルモンの分泌が高まり、体は目覚める準備を始めます。

そのため、夜更かしをすると、成長ホルモンが十分分泌されないうちにコルチゾールの分泌が高まることになります。

このため、寝ても疲れが取れない状態になってしまうのです。

夜更かしが習慣になっている人は、体内時計が乱れている場合があります。

体内時計とは、睡眠と覚醒など体が持っているリズムのことです。

これは、脳の視床下部にある視交叉上核という部分が調節しています。

体内時計が正常にはたらいていれば、夜10時頃になると、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるため、自然に眠くなります。

メラトニンは夜になると分泌されるホルモンで、朝になると分泌が抑えられて、セロトニンの分泌が高まります。

これは、周囲の明るさや光の影響や、体温のリズムにも影響しています。

セロトニンのはたらきを高めるためにも、就寝時間を少し早めることが大切といえるでしょう。

→ セロトニンのはたらきを高めるために、管理人が実行していることとは?