Pocket



前章にひきつづき、セロトニンを増やすための食事法について、具体例を挙げながらご紹介したいと思います。

→ セロトニンを増やすための食事法

セロトニンを増やすためには、セロトニンを合成するトリプトファンを摂ることが大切です。

また、トリプトファンを多く含むたんぱく質炭水化物を、1日3食のうちで効率良く摂ることが大事です。

そのための上手な食事法についてまとめてみましたので、ご参考になさってください。

セロトニンを増やすための食事・朝食

【朝食は、たんぱく質やビタミンを摂る】

朝食をきちんと摂ることで、1日の活力源となります。
たんぱく質やビタミンを摂るためのメニューがおすすめです。

・フルーツヨーグルト

フルーツにはビタミンが豊富で、ヨーグルトはトリプトファンやカルシウムが豊富です。

・豆乳入りカフェ・オ・レ

豆乳にはたんぱく質が豊富。牛乳と混ぜてカフェ・オレにすれば、飲みやすくなります。
朝のカフェインが眠気覚ましにも。

・胚芽パン、玄米パン

胚芽や玄米、雑穀入りのパンをチョイスすることで、ビタミンB群が摂れます。

・チーズオムレツ

卵を溶いて、角切りのチーズやピザ用チーズを混ぜてオムレツに。
たんぱく質やビタミンがたっぷり摂れます。

セロトニンを増やすための食事・昼食

【昼食は、たんぱく質を中心に摂る】

午後からの活動のために、たんぱく質を中心に摂りましょう。
炭水化物を摂り過ぎると、眠気の原因となるので、控えめに。

・かつおの角煮

かつおは、トリプトファンやビタミンB群を含む、不眠やうつの改善にお役立ちの食べ物。

・しじみの味噌汁

しじみにはメチオニンという成分が含まれ、精神安定作用があります。
ビタミンB12も豊富に摂れます。

・海藻サラダ

海藻にはマグネシウムが豊富に含まれています。
野菜にはビタミンがいっぱいなので、不眠やうつのほか、美容にも役立ちます。

・おにぎり

主食をおにぎりにすると、のりも食べられるので、ミネラルが摂れます。
炭水化物なので、量は控えめの方がおすすめ。

・ココア

ココアはマグネシウムが豊富で、カフェインもごく少量なのでおすすめです。

セロトニンを増やすための食事・夕食

【夕食は、炭水化物を摂れる消化にいいメニューを】

トリプトファンの脳への取り込みを高めてセロトニンを増やすため、炭水化物を摂るのが理想的。
消化の良いものを、寝る3時間前までに食べるようにしましょう。

・温野菜サラダ

生野菜は体を冷やすので、いも類、根菜類、ブロッコリーなどをゆでた温野菜サラダを。

・玄米入りごはん

玄米を混ぜたごはんはビタミンB群が豊富で、炭水化物もしっかり摂れます。

・ミルクシチュー

牛乳はトリプトファンが豊富。
シチューやスープは消化がいいので、夕食におすすめです。

・はちみつ入りハーブティー

ハーブティーはノンカフェインなので、神経を鎮めてリラックス効果があります。
はちみつを加えることで、ミネラルも補給できます。

これらの例を参考にして、毎日の食事でセロトニンを増やすように心がけましょう。

食事以外のサポートに

また、食生活が乱れがちな現代人には、気分を安定させるサポートとしてセロトニンサプリを摂るのもひとつです。

管理人も愛飲するセロトニンサプリ・マインドガードは、ドリンクタイプなので実感力が高く、睡眠の質がさらに向上することでしょう。

こころのサプリマインドガード


マインドガード

管理人が実際に試した体験談は、こちらに綴っています。

→ セロトニンサプリの口コミ ~マインドガードを実際に試してみました

よかったら、併せてセロトニンを活性化するためのご参考になさってください。