Pocket

こちらでは、セロトニンを増やすために有効な時間帯についてご紹介したいと思います。

「昼のセロトニン、夜のメラトニン」といわれるように、セロトニンを増やすのに最適な時間は、朝~日中ということになります。

この朝から日中の時間帯にセロトニンを増やすためには、次の3つのポイントを心がけるようにしましょう。

・朝日を浴びる

朝日をしっかりと浴びることで、体内時計をリセットし、セロトニンを活性化します。

・朝食をしっかりと摂る

朝食を摂ることで、脳にエネルギーや栄養素が運ばれ、体が目覚め、活動できるようになります。
また、噛むことで脳に刺激を与え、セロトニンのはたらきを高めます。

・昼間は十分に活動する

昼間に体を動かして活動を行うことで、筋肉や神経、血流のはたらきが良くなり、セロトニンが活性化します。

また、昼間の活動をしっかりと行うと、セロトニンを増やすとともに、夜にメラトニンが分泌されやすくなります。

逆に、次のような生活習慣をつづけないよう、気をつけることも大切です。

だらだらと夜更かしをする

夜更かしをすると、翌朝の目覚めが悪くなったり、朝起きられなくなる原因となります。
そのため、セロトニンを増やすためには夜更かしを控えることが大切です。

・昼寝をしない

長時間の昼寝は、夜更かしの原因となります。
生理的眠気の起こる午後2時前後に、20分程の短い睡眠を取る位にしましょう。

・寝る前にテレビやゲーム、パソコンなどをするのはなるべく控える

質の良い睡眠を取るために、入眠前の行為も大事なポイントとなります。

テレビやゲーム、パソコン、携帯やスマホなどを長時間見続けるような行為は、自然な入眠を妨げる原因となります。

なるべくそのような機器から離れ、音楽を聴くなどして、ゆったりとリラックスして過ごすように心がけましょう。

セロトニンを増やすためには、リズムのある生活を心がけることが大切といえますね。

よかったら、ひとつのご参考になさってください。

→ 管理人が愛飲するセロトニンサプリの効果とは?