Pocket

セロトニンを増やす音楽として、よく知られているバッハの「ゴルトベルク変奏曲」をご紹介したいと思います。



バッハ・ゴルトベルク変奏曲について

この曲は、「アリアと種々の変奏」と題されていますが、バッハが音楽を手ほどきしたヨハン・ゴットリーブ・ゴルトベルクが不眠症に悩むカイザーリンク伯爵のために演奏したという逸話が残されており、そのことから「ゴルトベルク変奏曲」という名称がつけられています。

いつの時代も、ストレスなどの原因から不眠やうつに陥ることがあったことが伺えますね。

そして、セロトニンや脳内物質などという理屈や根拠よりも、音楽には感覚的な心地よさや癒しの力があることを知り、眠れない時など日常に生かしていたことがわかります。

グレン・グールドのゴルトベルク変奏曲

こちらの「ゴルトベルク変奏曲」は、天才ピアニストとして知られるグレン・グールドの演奏が世界的に有名となっています。
(ちなみに、当サイトの管理人もこのCDを昔から愛聴しています)

貴重なスタジオ録音時の映像のものがYoutubeにアップされていましたので、こちらにも掲載したいと思います。



グールドの鬼気迫る演奏のようすを見ているだけでも、別世界へ惹き込まれていくようです。

Amazon は、こちらからご覧いただけます。



このような芸術性の高い音楽を、CDアルバムで何度もくり返し聴くことも、不眠やうつの時には効果が高いといえるでしょう。

セロトニンを増やすための音楽として、不眠症・うつの改善サポートとして、ひとつのご参考になさってください。

セロトニンを増やすサポートに

また、ストレスの多い現代人には、眠れない時に気分を安定させるサポートとしてセロトニン・サプリを摂るのもひとつです。

管理人も愛飲するセロトニンサプリ・マインドガードは、ドリンクタイプなので実感力が高く、睡眠の質がさらに向上することでしょう。

こころのサプリマインドガード

マインドガード


管理人が実際に試した体験談は、こちらに綴っています。

→ セロトニンサプリの口コミ ~マインドガードを実際に試してみました