Pocket

不眠を改善してセロトニンを増やすには、毎日心地よいエクササイズを続けることも効果的です。

こちらにご紹介するのは、「おたまじゃくし体操」です。

この体操を寝る前に行うようになったところ、ストレスや緊張からくる不眠が解消し、ぐっすり眠れるようになった、という感想が聞かれたそうです。

こちらにご紹介しますので、よかったら試してみてください。

<不眠症の改善に効果的なおたまじゃくし体操>

1. 仰向けになる

2. 寝たまま息を吸いながら背伸びをする(スローモーションで万歳をする要領で)

3. 踵(かかと)と手のひらで空気を押し広げるようにして、ゆっくりと伸びをする

4. 十分に伸びたら、半分くらいの息を吐きながら脱力する

5. 息を吐きながら、体をおたまじゃくしのようにフニャフニャとくねらせる

※ この時、イメージで水の中に尻尾から波が伝わっていくような感覚を味わうようにすると、癒し効果が高まります。

6. この方法を2~3度くり返す

7. ほぐれてきたと感じられたら、もう一度大きくまっすぐに背伸びをする

8. 息を吐きながら、今度は両手をゆっくりと下ろす

9. 脇が60度くらいのところで止め、手のひらは天井に向ける

10. 両足は30度くらいのところで開く

11. 両腕と両足が心地よく感じられる位置に収まったら、無理なくゆったりとした深呼吸をくり返す

この「おたまじゃくし体操」だけでも、腰や背骨の歪みが整っていきます。

また、最後のポーズが丁度いいところに収まると、体が床に溶け込んでいくような一体感を味わうことができます。

自然な動きで体の緊張をほぐし、深呼吸を行うことでセロトニンを活性化しますので、毎日寝る前の習慣にすると、不眠症改善の助けになりそうです。

よかったら、ひとつのご参考になさってください。

→ 管理人が愛飲するセロトニンサプリの口コミ感想はこちら