Pocket

不眠症で睡眠不足が続くと、さまざまなトラブルがあらわれてきます。

どんなトラブルが起こりやすいのか、こちらにまとめてみました。

・脳のトラブル

脳が十分に休息がとれないため、記憶力や集中力、意欲が低下します。

疲労がたまり、頭がいつもボーッとした感じになります。

・肌のトラブル

成長ホルモンが十分分泌されないため、細胞の修復や新陳代謝が衰え、肌荒れの原因となります。

血流不良から、目の下にクマもできやすくなります。

・こころのトラブル

日中の眠気によって、イライラしたり、落ち込みがちになります。

自律神経のバランスも崩れるため、不安感やうつ症状を招くこともあります。

・体のトラブル

自律神経のはたらきが乱れ、エネルギーの代謝が低下します。

また、食生活のリズムも崩れがちになるので、太りやすくなることもあります。

・全身のトラブル

体が休まらないと、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなります。

以上のように、睡眠不足が心身に及ぼす影響は、目に見えない分、だんだん大きなものとなっていきます。

睡眠は脳と体を休ませてリセットする、大切な時間といえます。

セロトニンやメラトニンのリズムを整えることは、全身の健康に影響を及ぼすのみならず、私たちの生活の質や将来にも関わってくることです。

しっかりと睡眠をとることは、体だけでなくこころの健康を維持するためにも、欠かせないことなのです。

これらのバランスが崩れていると思ったら、セロトニンを高める食事やサプリメントを補うなど、なんらかの対策を早めに講じることが大切です。

→ セロトニンのはたらきを高めるサプリメントについてはこちら