Pocket

4746580

梅雨時期になると、じめじめとした湿度が高くなり、気温も徐々に上がってきます。

この時期は、寝苦しさから不眠症の症状が出やすくなることもありますね。

また、夏の時期も冷えが起こりやすいので、心身のバランスをくずしやすくなります。

昔から、健康の基本は頭寒足熱といわれます。

不眠や不安の症状が起こっている時は、脳に過剰に血液が集まっている、いわゆる「頭に血が上る」状態になっていることが多いとされています。

また、冷房で足元が冷えることもあり、それが元で自律神経のバランスが乱されることもあります。

さらに、足が火照って眠りにくい時もじつは冷えがその原因にあり、体温調節がうまくはたらいていないことが多いようです。

頭寒足熱のバランスが乱れ、自律神経の調整ができなくなると、脳のセロトニンのはたらきも鈍ってしまいます。

夏の睡眠を快適にとるには、食事や適度な運動、リラックスといった生活習慣を見直すことが大切です。

ただ、夏バテなどの症状から、食欲が落ちてしまう場合もありますね。

そのような場合は、セロトニン サプリなどのサポートを上手に生かしながら、全身の流れを整えるように心がけるとよいでしょう。

当サイトにも、セロトニン サプリをはじめ、快適な睡眠のための情報をご紹介していますので、ご参考になさってください。

夏の寝苦しさを解消し、快適な毎日を送るためには、セロトニンのはたらきを意識しながら、しっかりと対策を立てていきたいものです。

→ セロトニンをはたらきを高めるサプリメントはこちら