Pocket

暑い季節になってきました。

夏は、室内の温度や湿度がどうしても高くなってしまうため、寝苦しい夜がつづくようになりますね。

しっかりと睡眠をとらないと、日中も体力を消耗しやすくなり、夏バテ熱中症を起こす原因となってしまいます。

また、脳内物質セロトニンのはたらきも鈍ってしまいますね。

そこで、管理人おすすめの寝苦しい夏の対策について、ご紹介したいと思います。

寝苦しい夏の対策 ~室温管理

日中~夕方の気温が高いと、室内にこもった空気が残ってしまいます。

特に、西向きの部屋を閉めっぱなしにしていると、より一層熱がこもりやすくなります。

寝る前には、一度エアコンを付けて、短時間でも部屋の温度を下げるようにするといいでしょう。

また、1時間ほどのタイマーに設定して、自動で停止するように設定するのも手軽な方法です。

エアコンが苦手という人や、部屋にエアコンが付いていない場合は、なるべく寝る前に部屋に風を通すようにしておきましょう。

扇風機を使って、部屋の空気を動かしておくのもいいでしょう。

エアコンや扇風機をつけっぱなしで寝ると、体が冷え過ぎて熟睡を妨げたり、体調を崩す原因となりますので、気を付けるようにしましょう。

寝苦しい夏の対策 ~手を冷やす

夏の寝苦しい時には、手足の先が火照っていることがあります。

この対策として、アイスノンや冷却グッズを使って、手を冷やすようにすると効果的です

実際、管理人はこの対策をとるようになって、寝つきが良くなりました。

あくまでも、手がひんやりと気持ちいい、と感じる程度がベストです。

冷やし過ぎは良くありませんので、ほどほどのバランスを保ちましょう。

寝苦しい夏の対策 ~頭寒足熱

また、東洋医学では頭寒足熱といって、頭が涼しく足元が温かいのが良い状態と考えられています。

氷枕や冷却枕を使って、首や頭の周辺を冷やすのも、寝苦しい夏の対策としては効果的ですね。

ですが、足元やお腹回りは、長めのパジャマを身につけたり、バスタオルやタオルケットをかけるなどして、なるべく外気に晒さないようにしましょう。

下半身を冷やすと、余計に寝苦しくなったり、体調を崩しやすくなります。

【寝苦しい夏の対策・まとめ】

・部屋の温度を下げておく
・手をほどよく冷やす
・頭寒足熱を心がける

この3つを実践して、寝苦しい夏を快適に乗り切っていきましょう。

→ 寝苦しい夏の対策は2へつづきます