Pocket

1391688_cat_in_grass

今は、空前の猫ブームといわれています。

以前、猫カフェが流行り出した頃、管理人である私も何度か行ったことがありました。

猫が自由に遊んだり、寛いでいる空間に身を置くと、なんともいえない心地よい空気が流れ、まるでマッサージを受けた後のような深いリラックス感を覚えました。

当時は私も不眠や緊張の症状があったので、猫カフェはひと時の休息の場でした。

近頃はペットを飼う家も増えており、アニマルセラピーなども知られているように、犬や猫などの動物には、人を癒す力があるようです。

また、猫の出す「ゴロゴロ音」には、ストレスや不眠、不安感を癒してくれる自然治癒力が認められている、という記事がインターネットの話題に上っていました。

猫がリラックスしている時に喉をゴロゴロと鳴らす音は、母猫が子猫に対し、なだめて打ち解けるために送るシグナルなのだそうです。

この音は20~50ヘルツの低周波音で、私たちの脳に幸福感やポジティブな思考を伝える効果があるといわれています。

猫のゴロゴロ音は、脳のセロトニンを増やし、活性化させてくれるといえるでしょう。

猫が膝に乗ってくると、その体の温かさややわらかさ、規則的な呼吸が伝わってきて、とても安心感を覚えます。

また、人の体に身を預ける猫は「気を許してくれている」という親しみを感じさせるので、愛情ホルモンのオキシトシンも分泌され、さらにセロトニンが活性化されることでしょう。

よく飼い主と猫が一緒に寝るという話を聞きますが、猫が隣にいると、自然にセロトニンを増やす役目を果たし、不眠症の改善にもつながりそうですね。

動物が好きな方は、積極的に動物に触れてみると、心身が安定しやすくなるのではないでしょうか。

→ おすすめのセロトニン サプリメントをご紹介しています