Pocket

当サイト「セロトニンで不眠うつを改善するための情報サイト」は、管理人自身の不眠症体験をもとに、不眠症の症状や改善方法、また脳内物質セロトニンに関する情報やサプリメントについてご紹介していきたいと思います。

よかったら、ぜひご参考になさってください。

<管理人自身の不眠症体験>

最初に、私自身の不眠症体験について、お伝えしたいと思います。

私が不眠症になったのは、今から15年ほど前のことです。

もともと神経が敏感なところがあり、緊張するとよく眠れない、などの症状は時々ありました。

またその頃は、時間が不規則な生活を送っていたり、長時間の集中を要する細かい作業に没頭していたこともあり、自律神経のバランスが乱れがちでした。

さらに、大きなストレスのかかる人間関係がきっかけで、毎日ほとんど眠れない、という状態に陥るようになります。

悩みの解決のため、カウンセリングに通い始めたものの、薬を服むことにはまだ抵抗があり、あまり不眠症を真剣に捉えてはいませんでした。

「多少眠れなくてもなんとかなる」

そう考えて不眠状態を放置し、体に無理をかける生活をつづけていました。

今思えば、とんでもないことなのですが、当時は「そのうち治るだろう」くらいにしか思っていなかったのです。

不眠症が長引くにつれ、徐々に体力が落ち、他にも通常ではない症状が起こるようになっていきました。

例えば、物をしっかり持てなくて床に落としてしまう、人と話をしている時に頭が真っ白になって言葉が出てこない、ろれつが回らない、情緒不安定になる、など・・・。

明らかに、脳にも影響が出ていました。

そして、眠れないことが精神的にも負担となり、毎晩寝床に入るのが恐怖に感じられるようになっていきました。

また、それまでの期間は、もう6年にも及んでいました。

そんなある時、紹介された漢方治療院で、フットマッサージャーをかけてもらったことが、不眠症改善の大きなきっかけとなりました。

施術の最中から頭が心地いいリラックス状態になり、その夜はいつになくよく眠れたのです。

→ 私が出会ったフットマッサージャーはこちら

<長年の不眠症が改善>

東洋医学では「頭寒足熱」といい、足の血行を良くすることで、頭に上った血液を末端に行き渡らせ、症状を改善することが基本といいます。

そう、不眠症の原因は、頭の使い過ぎ、頭がオーバーヒートしている状態だったのです。

早速、自分でもフットマッサージャーを購入し、毎日使うようになったところ、不眠症は改善していきました。

特にストレスの多い時などは、睡眠用のセロトニンサプリメントや薬も併用し、不眠状態を長引かせないようにしています。

不眠症がつづくと、体のあらゆる所に不調が起こり始め、さらに放置すると脳や内臓に深刻なダメージを与えることになります。

また、何よりも毎日を気分良く過ごせなくなってしまいます。

神経が敏感だったり、ストレスを感じやすい性格はそう大きく変わるものではありませんし、今でもオーバーワークをすると眠りが浅くなったり、ストレスで目が覚めたり、といったこともあります。

ただ、そんな時でもセロトニンサプリなどの力を借りながら、少しずつコントロールができるようになってきているかな、と感じています。

→ セロトニンサプリの口コミ ~マインドガードを実際に試した体験談はこちら

不眠症は長引くと癖になりますし、なるべく早期発見・早期治療が望ましいと思います。

そして、今は良いセロトニンサプリメントや治療器なども登場しているので、それらを上手に使うことも有効な方法です。

何より、自分の心身を守り、健全に生かしていくことが大切なことだと思います。

私の不眠症改善の体験が、何かのご参考になりましたら幸いです。