Pocket

たまたま教育番組を見ていたら、睡眠についての話題が放送されていました。

今よくテレビで見かけるタレントやお笑い芸人さんが、それぞれの睡眠の悩みについて話しています。

また、街角インタビューで若い女性が、睡眠について困っていることを答える場面もありました。

このような番組を見ると、睡眠障害不眠症が身近なことに感じられます。

その中で語られていた症状は、次のようなことでした。

・寝言
・悪夢
・いびき
・金縛り
・レム睡眠行動障害
・ナルコレプシー
・睡眠時無呼吸症候群

また、症状の軽い、重いもさまざまです。

これらの症状に程度の差はあっても、いずれもなんらかのストレス疾患が原因となって引き起こされている場合が多いようです。

ゲストのお笑い芸人さんは、加齢や生活習慣、体質などが原因で睡眠時無呼吸症候群を引き起こし、昼間突然眠りに落ちてしまうという症状が起こり、それがきっかけで病院を受診をされたそうです。

忙しく仕事をする世代の人にとって、睡眠の問題は見逃せませんね。

影響力のある人に限らず、不眠症や睡眠障害による社会的損失は大きいものです。

やはり、睡眠は生きる上でのいちばん基礎となるものですから、これらの症状が見られる場合には、やはり早めに対処することが必要となります。

また、日常に何か原因となるストレスがあるなら、その問題を取り除くように努めることも大切です。

現代人は、思ったよりも多くの方がセロトニン不足に悩んでいるというのが、今回感じられたことでした。

不眠症や睡眠障害はに大きな影響を与えます。

その予防や対策として、セロトニンを増やす食生活や生活習慣を心がけたり、セロトニンのサプリメントを摂るなど、日常的なケアが必要とされているのでしょう。

→ 管理人が愛飲するセロトニンサプリの口コミ感想はこちら