香りは無意識に脳にはたらきかけ、感情や気分に作用することが知られています。 好きな香りに包まれると、心地よい眠りに自然に誘われます。 これは、香りの成分がセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質にはたらきかけ、リラックス作用をもたらすためです。