本来、休むことは必要なことであり、怠けていることとは違います。 また、私たちの一人ひとりが異なる個性を持ち、体力やペースもそれぞれです。 時によって調子が良い、悪いということもあるでしょう。 それが認められない時、スイッチをオンにしたまま動き続けなくてはならなくなります。 そして、結果的に燃え尽き症候群になり、不眠やうつなどの深刻な症状へとつながるおそれがあります。 ストレスを溜め込まず、時には休みを取り、あえてリラックスする時間を入れることが、その後も長く働き、人々や世の中の役に立つための鍵になるのではないでしょうか。