「改善」タグの記事一覧

不眠改善マッサージ

「私の不眠症改善記」でもご紹介しましたが、私の場合は、フットマッサージャーを使用することで、不眠症改善の大きなきっかけとなりました。 足の血流を良くすることで、頭に上った血を末端へ送ることができ、「頭寒足熱」の理想的な状 […]

気功の力で不眠を改善(動画あり)

セロトニン 不眠症改善 気功

不眠の症状が起こっている時、 東洋医学では頭に血が上り、 全身の巡りのバランスが乱れていると考えます。 全身の巡りとは、 「気・血・水」 のことをいいます。 人の体内を巡る血液やリンパと共に、 「気」の流れが巡っている、 と考えるのですね。 体の気の巡りにはたらきかけるには、 気功を受けるのも、その1つです。

不眠症から起こるさまざまなトラブル

セロトニン 不眠症改善 うつ

不眠症で睡眠不足が続くと、さまざまなトラブルがあらわれてきます。 ・脳のトラブル 脳が十分に休息がとれないため、記憶力や集中力、意欲が低下します。 疲労がたまり、頭がいつもボーッとした感じになります。 ・肌のトラブル 成長ホルモンが十分分泌されないため、細胞の修復や新陳代謝が衰え、肌荒れの原因となります。 血流不良から、目の下にクマもできやすくなります。

セロトニンには早寝の習慣を

セロトニン 不眠症改善 メラトニン

質の良い睡眠を得るためには、何時に寝るかも大切なポイントです。 夜10時までに寝るのが理想的ですが、私たち現代人の生活サイクルではなかなか難しい面があります。 せめて、午前0時までには寝床に入るのがいいでしょう。 夜10時までに寝るのが良いとされる理由は、入眠後約2時間後に、細胞の修復や疲労回復に役立つ成長ホルモンが分泌されるからです。

セロトニンを抑えてしまう習慣とは?

セロトニン 不眠症改善

セロトニンの分泌を促し、はたらきを良くするための方法を行っていても、セロトニンのはたらきを抑えるようなことを行っていては、不眠症は改善されないままになってしまいますね。 この、セロトニンのはたらきを抑えてしまう行動について、ご紹介したいと思います。 知らないうちにこれらのことを行っていないかどうか、チェックしてみましょう。

光療法でセロトニンを増やす

セロトニン 不眠症改善 光療法・ライトセラピー

不眠症、睡眠障害の話題を取り上げたテレビ番組で、光療法(ライトセラピー)を行って症状を改善した例を取りあげていましたので、ご紹介します。 登場したのは、25歳の男性。薬学部の学生とのことです。 高校生の頃から夜更かしなどをするようになり、体調がすぐれなくなったそうです。 大学に入り、一人暮らしを始めると、さらに生活は不規則になり、夕方まで寝ているような生活になりました。 大学にもあまり行かなくなり、家で過ごすのがほとんどの毎日でした。

身近にある不眠症

セロトニン 不眠症改善

たまたま教育番組で、睡眠についての話題を放送していました。 今よくテレビで見かけるタレントやお笑い芸人さんが、睡眠の悩みについて披露していました。 また、街角インタビューで若い女性が、睡眠について困っていることを答える場面もありました。 このような番組を見ると、睡眠障害や不眠症が身近なことに感じられる方も多いのではないでしょうか。

不眠症と睡眠障害

セロトニン 不眠症改善 睡眠障害

お医者さんに不眠症について質問をした際、不眠症と睡眠障害はちがうということを教わりました。 不眠症というのは、決まった定義があるのではなく、本人が睡眠について苦痛を感じているかどうかが、診断基準となるのだそうです。 例えば、8時間以上睡眠時間を取っていても、本人が辛いと感じていれば不眠症に入るとのことです。

不眠に効く体操

セロトニン 不眠症改善 エクササイズ

不眠を改善してセロトニンを増やすには、毎日心地よいエクササイズを続けることも効果的です。 こちらにご紹介するのは、「おたまじゃくし体操」です。 この体操を寝る前に行うようになったところ、ストレスや緊張からくる不眠が解消し、ぐっすり眠れるようになった、という感想が聞かれたそうです。

ページの先頭へ